岩櫃城址

東吾妻の岩櫃城址に連れていってもらいました。岩櫃山の中腹にあります。登山の自信はないので、頂上には登っていません。

国道をくだり、群馬原町駅を過ぎたあたりで細い道に入っていきます。そのまま看板通りに進んでいくと駐車場があって、そこからスタート。一本松の登山口です。トイレもあります。登山口は整備中でした。

最初に分岐があって、尾根道を登ることにしました。

2016032201

しばらく登ると少し開けたところに出ます。「中城」とありました。

2016032202

ここで分岐。本丸跡を目指します。

2016032203

一本道の細い坂道。わざとこういう道なのか。

2016032204

曲輪跡のようなところから下を見下ろす。吾妻川と国道の方だと思います。

2016032205

本丸跡。建物は残っていなくて、解説板と目印だけです。
城跡ということで、建造物は残っていませんでしたが、山そのものを利用して建築物のように仕立てているのが感じられました。武者走りや竪堀のようなものが縦横に走っている。

2016032206

解説板。

2016032211

山には登らず別の道で戻りました。帰りはジメジメした沢のような道から。

2016032207

登山口に戻りました。登山口には休憩所があって歴代城主の名前が貼りだされていました。左端が信之。ちゃんと撮ればよかった。

特に施設も建物もありませんので、地形などを眺めながら往時を偲ぶという楽しみ方になると思います。平日なのに、ぽつぽつ観光客らしき人たちがいました。

本丸跡に行くだけなら、それほど大変な道ではありませんでした。運動靴で十分だと思います。

広告